×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

novel

06

物語の続きは、ない。    
……………………………………………………………………………………
同居人は、朝食を摂らなかった。
代わりにワインを空にした。
仕方なく、私はひとりで朝食を済ませた。
同居人は私の様子を見ていたが、
何も言わなかった。
ただ、私のために冷たい水を用意してくれた。
ささやかな朝食のあと、
私は壁際に場所を確保し、ストレッチをはじめる。
入念に、正確に。
同居人は不思議そうに私を見ている。
まるで、偶然居合わせた土地の、
見たこともない祭りでも見るような面持ちで。
私はしかし別段、構えることなく、
淡々と、日課のストレッチを続ける。
入念に、正確に。
同居人は床に座り、
本の続きを読みはじめたようだ。
けれど、画家とモデルの物語に続きはない。
ページの先では、
別の物語がはじまっているのだ。
 
NEXT BACK

copyright (C) 2008 design gaga inc. all rights reserved.