×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

novel

02

土曜の朝の、ボックスボイテル。      
……………………………………………………………………………………
同居人は薄い本を膝に置き、
ひとりで、ワインを飲んでいた。
夜が明ける直前に、開栓したのだろう。
短い廊下を歩くあいだ中、
ほの甘く、ほろ苦いシルヴァーナ種の匂いが、
私の鼻孔を擽り続ける。
同居人は私を見ないまま、「また寝る」と言った。
私の行動予定を尋ねているのか、
それとも、
自分の行動予定を告げているのか。
語尾がほんの少し上がったのを感じ、
私はベッドには戻らず、同居人の左側に腰を下ろした。
それが答えである。
同居人はやはり私を見ないまま、
「まだ飲む」と言った。
自分の行動予定を告げているのだ。
テーブルの上のワインボトルは、
ボックスボイテルのかたちをしている。
フランケン地方の辛口の白。
同居人の好みである。
NEXT BACK

copyright (C) 2008 design gaga inc. all rights reserved.